The Police – Message In A Bottle


「孤独のメッセージ」(Message in a Bottle)は、ポリスの楽曲である。2作目のアルバム『白いレガッタ』の先行シングル。
シングル「ロクサーヌ」、「キャント・スタンド・ルージング・ユー」及びアルバム『アウトランドス・ダムール』のヒットを受け、A&Mは2作目のアルバム制作を許可する。その中の収録曲が「孤独のメッセージ」である。
歌詞は、表向き遭難者についてを歌っている。遭難者は助けを呼ぼうとボトルメール (Message in a bottle) を送っている。それから長い時を経て、海岸には非常に多くの助けを求めるボトルメールが来てしまい、遭難者は目を疑うという内容である。転じて、メッセージは人間は誰しも孤独であり、疎外感を抱いているということである、と作曲したスティングは述べている。自分は孤独だというメッセージを他人へ送ると、自分も孤独であるというメッセージが戻ってくるのである。
イギリスでは自身初のナンバーワンヒットとなった。しかし、アメリカにおいては74位までしか上昇しなかった。ライヴ版が「ポリス・ライヴ」のディスク1(1979年11月、ボストン録音)とディスク2(1983年11月、アトランタ録音)の両方に収録されている。
『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・グレイテスト・ギター・ソングス100』に於いて、65位にランクイン[1]。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。